ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES |

イタリア生まれのファントムカラーのトイプードル、アポロ君のミラノ生活&成長日記

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポンへの検疫準備 2回目編

2011 - 03/29 [Tue] - 08:22

2歳と11ヶ月5日のアポロくん。



現在GWに日本帰国を予定中の私たち。


日本に帰国するのは1年半ぶりで、
久しぶりに両親に会えるのも楽しみだし、
友達とワイワイするのも楽しみだし、

アポちゃんはじーちゃん(父)に会うのも楽しみだし、

おいしいものを食べれるのも楽しみだし、


何よりもクロエちゃんと会えるのが楽しみ♪


という訳で浮かれてる場合ではなく、日本に帰国する準備をしなくてはいけません。



ということで、ヨーロッパから日本へ犬を連れて帰る時の条件&手続きを簡単にご紹介。


DSCN3911[1]


1.マイクロチップの挿入
(アポロは譲ってもらったとき既にマイクロチップが入っているのでクリア)

2.狂犬病の不活化ワクチンの注射を行う
(マイクロチップと同じ日でも大丈夫)


3.30日以降に再度狂犬病の不活化ワクチンの注射を行う(2回目)
* 1回目の注射を行った日は0日でカウントされる

4.2回目の注射を行った後に血液採取し、血清検査に出す
*抗体価0.5IU/ml以上であれば合格


5. 4の採血日から180日待機、かつ2年以内であれば日本への渡航が可能
※ ただし2回目以降の血清検査の場合、前回の期限が切れる前に採血をして検査していれば、
待機することなく入国できるそうです。

6. 帰国の日程を決め、40日以内に到着空港の動物検疫所に届出書を提出→書類が受理されれば次へ進める


7. 渡航の1週間前位にイタリアの獣医(ASL)にて臨床検査(健康診断)を行い書類を発行してもらう。


8. 必要書類(様式A,様式C)を渡航までに整える
* 必要書類は動物検疫所のHPで確認できます。



今回は2回目の渡航&以前の血清検査から2年経過しているので、
血清検査の4番からやりました。


狂犬病を前回の期限(1年)が切れる前に打ち、その後血清検査。

その血清検査の結果を待って、数値がクリアであれば日本の輸入検疫の予約が出来ます。


(各項目の詳細を知りたい方は、左メニューのカテゴリーの検疫手続き♪ をクリックしてください。
検疫に関する日記ばかりが出て来ます。)



DSCN3936[1]


日本の検疫の予約はちょっとややこしくて、

入国の40日前に、

「輸入の届出書」
※ PDFファイルが開きます。

と、

輸入検査申請書(犬)
※ PDFファイルが開きます。

を記入してFAXなどで検疫所に送付する必要があります。


受理されたら、検疫より「届出書受理書」が送られてくるので、これで予約は完了。
※ 届出書受理書はとても大事な書類なので紛失しないように!


日付は40日前に予約する必要がありますが、変更等可能ですので、
日本に帰るかも。という時期になったら取りあえず予約しておくことをおすすめします。


ちなみに届出変更書はこちら。
※ PDFファイルが開きます。


上記の作業はANIPASというオンラインでも可能です。

私は今回オンラインで予約をしました。




そして今からの作業は、


飛行機を予約する。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

検疫所に変更届を出す


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

推奨証明書様式(FormA、FormC)を準備する。

*推奨証明書様式(FormA、FormC)のFormAは飼い主が英語で記入し、
FormCは獣医と検査機関にて英語で記入してもらう。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓

渡航の1週間前位にイタリアの獣医(ASL)にて臨床検査(健康診断)を行い書類を発行してもらう。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓

輸出検査申請書を提出して(輸出日の7日前までだったかと。。)


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

帰りの書類を準備。

EUに入る為の手続きはこちらに記載されています(英語のみ)

書類は以下でダウンロードできます。

英語(PDF)

イタリア語(PDF)



DSCN3492.jpg

色々とそろえなくてはいけない書類が沢山有り、

面倒なんだけど、難しくはないです。


ひとつひとつ、忘れ物のないように頑張って準備したいと思います♪

DSCN3493.jpg









今回はクロエちゃんがイタリアに来る為の準備もしなくちゃいけないので、ちょっと大変。





ご報告。。


4月1日よりブログを移る事にしました。

クロエちゃんがやってくるので1人と2匹の日記に変えて行こうと思ってます。


まだ準備中なのですが、少しづつ移行しています。

リンク等の変更をよろしくお願いします♪


http://apochloe.blog60.fc2.com/








ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援してやってください♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



ついったーもよろしくですぅ~。
follow-me-60.jpg



スポンサーサイト

血清を採取。

2011 - 01/21 [Fri] - 21:31

2歳と8ヶ月28日のアポロくん。



今日はアポちゃんの苦手な獣医さんの元へ行ってきました。


いつもと違う道を選んだのに、獣医さんの近くまで行くと急停止するアポちゃん。

もうごまかしは効かなくなってしまったようです。



今回も血液を取るのにてんやわんや。

獣医さん曰く、アポちゃんは緊張してしまって手足がガチガチに固まってしまうから
血が流れにくくなって、取れないんだとのこと。


針も両手に何箇所も刺されて、
アポちゃんもあまりの痛みに私の手をカプリ。

(獣医さん、細い血管を捜すのに、針を刺してからゴリゴリするんです。そりゃ痛いよね。。)



そうだよね~。痛いよね~。

頑張って我慢してるんだから、痛いときはオカーシャンの手をカプリしてもいいよ~。

DSC_8108.jpg

昨日綺麗にカットした前足もこんな不揃いになりました。



そして、予定では血清検査用の血液と、血液検査用の血液を採取するはずだったのですが、

血清検査のみしか取れず。。


このまま無理に続けるのもかわいそうということで、来週出直す事にしました。



アポちゃんのおてて。。
DSC_8118.jpg


こっちなんて血液採取が終わったら、アポちゃんの緊張が緩んだのか
どわ~って血が出てきてビックリ。。

DSC_8111.jpg


アポちゃんも朝から良く頑張ってくれました。
DSC_8115.jpg


もうなんだか気が抜けてますが。。
DSC_8112.jpg


ご褒美オヤツを貰うために、帰りは駆け足で帰ってきたアポちゃん。
DSC_8119.jpg

どこまで食いしん坊なんだろう。。

でも、無事に血清が取れて良かったです。





さて、今日取れた血液。


血液を少し放置した後、機械にかけて分離し、透明部分のみを発送。

書類と払い込み用紙と血清とを準備して
DSC_8124.jpg

郵便局から発送してきます。
DSC_8125.jpg



これで検査結果がオッケーであればいつでも日本へ帰ることが出来ます。


次は何時帰れるかな~。
早くじぃちゃんに会いたいねぇ~~。




ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援してやってください♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



ついったーではマメにつぶやいてるよ~。
follow-me-60.jpg

検疫の準備といろいろ。

2011 - 01/21 [Fri] - 03:12

2歳と8ヶ月27日のアポロくん。


アポちゃん、明日は獣医さんです。
血を抜かれちゃう予定です。


イタリアから日本に入国するのに、一番気を使うのは狂犬病の予防。

狂犬病の予防接種を有効期限内にきちんとしていること、
そしてその狂犬病のワクチンが効いているかの血清検査をしなくてはいけません。


前回は2年前の1月21日に血液を採取し、血清にしてもらって検査機関に送りました。

今回も12月に狂犬病の予防接種をしたので、明日血清を作ってもらって検査機関に発送。

結構メンドクサイ作業です。


ミラノで一番近くで検査をしてくれるところはこちら。

Istituto Zooprofilattico Sperimentale delle Venezie
Viale de'll Universita', 10
35020 Legnaro (PD)
TEL :(+39) 049.8084 359  
FAX :(+39) 049.8830 530

E-mail :fmutinelli@izsvenezie.it
http://www.izsvenezie.it/


作業の手順としては、

ここからフォーマットをダウンロードし、
http://www.izsvenezie.it/images/stories/Pdf/modulistica/SC6_MOD_049__PDP_IMM_045_rev00_Scheda_di_invio_campioni_titolazione_anticorpi_Rabbia.pdf

1.代金を銀行振込にて送付(54ユーロ)
2.指定のフォーマットに必要事項を記入
3.獣医にて血液を採取 0.5ml以上を採取し、プラスチックの入れ物に入れてもらう
4.代金の送付控え、フォーマット、血液を箱に入れて郵便局の速達で送付


この検査は2年で期限が切れてしまうので、2年毎に血清検査をしなければいけません。




さて、明日がちょっとドキドキ。

アポちゃん、じっとイイコにできるかなぁ?

ついでに癲癇のお薬の血液検査もしてもらう予定です。



ちなみに先ほど、獣医さんより1通のメールが。。。

「mimmi 今日待ってたのになんで来なかったんだ!」

予約は明日だったので、

「予約は明日ですよ。スケジュール帳にもそう書いてあります。木曜日は予定が入っているので、木曜で入れるはずないです。明日大丈夫ですよね?」

と返事をすると、

「あ~、ボクが間違えてたみたいだ。明日大丈夫だよ、じゃ、明日」

と。。。

予約日を間違えないでくださーい、センセイ。。。

良いセンセイなんだけど、やっぱりイタリア人です。。汗





さて、今日はアポちゃんお風呂に入りました。


お天気は良かったのですが、寒いのでほんのりお湯を溜めて。。
DSC_8093_20110121030400.jpg

アポウナギさんになったみたいです。
DSC_8095.jpg

お湯をペロペロ飲むのが好きみたいで、延々と飲んでました。
(そして後で透明のチッコしてました)

DSC_8096.jpg

シャンプーですっきりしたあとも余韻でまったり。
DSC_8097.jpg

やっぱりお湯に入ると気持ちいいのかなぁ??
DSC_8100.jpg

顔がヤギさんみたいですね。


その後カットも頑張りましたが、今朝無駄に早起きして頑張ったので、二人共ダウン。
1時間ほど一緒にお昼寝しちゃいました。

今回ボディは殆ど切らず、顔とオシリとくらいかな。

おめめがはっきり見えるようになりました。
DSC_8102.jpg

でも後頭部はやっぱり絶壁。(笑)
DSC_8106.jpg


おにぎりみたいで笑えちゃいます。



明日にはセンセイにバリカンで前足ジョリジョリ~っとされちゃうんだな。

アポちゃん、頑張ろうね~~~。




ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援してやってください♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



ついったーではマメにつぶやいてるよ~。
follow-me-60.jpg

欧州⇔日本の犬連れ旅行 飛行機の規定について

2011 - 01/07 [Fri] - 08:31

先日、キャリーバックの検証をしてみましたが、
実際に飛行機会社を予約するとき、どこを選べばいいの?というソボクな疑問を検証してみることに。

DSCN3911[1]



日本⇔欧州で、小型犬をキャビンに連れて入れる航空会社は以下の通り。


各航空会社毎に規定のキャリーバックの大きさと重さがあります。


(縦×横×高さcm 総重量)

ルフトハンザー:55×40×20 8kg以下 ★
スカンジナビア:40×25×23 8kg以下  ☆€ 100
エールフランス:55×35×25 6kg以下 ★
スイスエアー :55×40×20 8kg以下 (多分★)
アリタリア  :44.5×21.5×26 10kg以下 ☆120ユーロ
KLM      :トータル115cm 6kg以下 ★
オーストリア航空:55cm × 40cm × 23cm 8kg以下 ★


輸送料金の計算方法は、

★ 超過料金と同じ代金 1kgx(航空会社の規定の超過料金) 
☆ 一律料金


航空会社によって機内に持ち込めるペットの数が決まっています。

1機につき1匹しかダメなところもあれば、同じ飼い主の元であれば複数匹もオッケーであったり(ただし規定のクレート内に収まることが重要)航空会社によってもマチマチなので、
実際に飛行機を利用する予定のある方は御自分の条件にあった、ある程度利用できる航空会社をいくつかピックアップしておくと便利です。


キャリーについても、この規定内の大きさのものを探すのは非常に難しいです。

航空会社によっては、ソフトキャリーでつぶせるタイプのものであれば大丈夫というところが結構ありますので、事前に調べておくといいと思います。


DSCN3922[1]
(往路は幸いにも一席もらえたので横に置く事ができました)


アポロは以前アリタリアを利用して日本に帰国しましたが、
チェックインの時重さはしっかり量られました。

日本からの帰国の場合、大きさも計られましたが特に何も言われませんでした。


DSCN4699[1]
通常はこんな感じで座席下に置かなくてはいけません。
DSCN4697[1]
どうなることか心配してたけど、本犬は疲れ切ってこの状態でず~っと寝てました。



アリタリアの場合、

ひとつのゲージには、同じ種類の動物を5匹まで入れていただくことができますが、合計重量が10KGを超えないようにして下さい。

と記載がしてあるので、機内持ち込みで犬を連れて帰る場合、10kg以内で上記のサイズに収まるクレートであれば5匹まで連れて帰ることができるそうです。


予約の際はネットなどで頼むのではなく、信頼できるエージェントに頼むか、直接コールセンターで予約しなければいけません。

尚、上にも記載していますが、1機に持ち込めるペットの数に制限があったりするので、
(ある意味早いもの勝ち)

日程が決まったら早めに予約をいれることをお勧めします。

※ 予約の際には念には念をいれて「ペット連れである旨」を告げてください。
こっち(欧州)の人は抜けだとか忘れるだとかの多い人たちなので。。汗



DSCN3936[1]


私たちは次いつ帰国するのかな~。

今年の夏は。。と思ってるけど、妹ちゃんが居なければ帰らないだろうし。。





ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援してやってください♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



ついったーではマメにつぶやいてるよ~。
follow-me-60.jpg

飛行機用キャリーバックを検証してみる。

2011 - 01/06 [Thu] - 09:39

2歳と8ヶ月13日のアポロくん。



先日我が家に仲間入りしたキャリーバック。

意外にも反響(?っていうのかな?)があったので色々検証してみました。

145399_schulze_sturdibaglargedivided3_1.jpg


まずメーカー。

アメリカのSturdi productというところのものです。

ざっとみた感じでは、ここは旅行用のキャリーバックを専門に作っている会社のようで、HPを見ても分かりますが、かゆい所に手が届くような小さな工夫がいっぱいあります。


今回アポちゃんのために購入したのは、
SturdiBag Large Divided

大きさは46 x 30,5 x 30,5 cm.
バックの重さは1440 g
2つに分けた場合の1部屋の大きさは23 x 30,5 x 30,5 cm

(他にもいろんなサイズがあります)


航空会社によっては少しオーバーしているのですが、このバックはテントのような仕組みで、布に支えの棒が差し込んであるだけなので軽く押すだけで小さくなります。
なのでサイズオーバーは多分大丈夫かと。

※ ただ、係員や航空会社の規則にもよりますので利用される方は御自分の責任でお願いします


Two separate environments in one carrier

When choosing a carrier, pet personality and behavior is as important as weight and length. Some pets can curl up, relax and sleep through a flight, while some four legged friends will make it a far too memorable flight! As a rule of thumb, size large will accommodate all cat breeds, toy to small dogs like the Cavalier King Charles, Continental Toy Spaniels, Jack Russell and Boston Terriers.


Features Include:

•Dimensions: 18"L x 12"H x 12"W (46 x 30,5 x 30,5 cm)
•Front and back mesh doors with double zipper pulls
•Two side storage pockets with Velcro® closures
•Easy and quick assembly
•Zippered Center Divider
•Feather light yet durable
•Removable foam core base with zippered enclosure
•Retractable privacy flaps on mesh windows and doors
•Adjustable 4-point padded shoulder strap & leather hand grip
•Two Machine Washable SturdiPet™ Comfort Pads Covered with soft fleece, this cushy, convoluted or “egg-crate” style foam pad provides air circulation and superior weight distribution for support, comfort and pressure relief. May be beneficial for aging pets and/or pets with arthritic or other orthopedic problems
•Tie down loops on base corners
•Seatbelt safety loops



このバックの売りは2匹用に分けられる壁がついていること。
145399_schulze_sturdibaglargedivided5_1.jpg

この壁はファスナーで固定するタイプで、不要であれば外すことができます。
(とはいえ底面は固定なので、バックに固定されたままです)


大きさはまぁまぁあります。旅行用のドラムバックな感じ。
DSC_7838.jpg

手提げのように持つ取っ手と、肩に掛けられるような長い紐(?)と2種類ついています。
長い紐は長さ調節可能。肩部分にはパットもついています。



フカフカのマットが2つついています。
これは裏側にマジックテープが付いていて、簡単には外れないようになっています。
DSC_7839.jpg

このマット1つ分が分割したときの1匹用のサイズになるのですが、
アポちゃん比してみるとこんなかんじ。
DSC_7842.jpg

そしてこんな風に両面明けることも出来ます。
DSC_7843.jpg


上部にはメッシュで中を見れるような窓もあり、
DSC_7844.jpg


アポちゃんが顔を出すとこんな感じ。
DSC_7851.jpg


ためしに2匹入った場合(というかアポちゃんサイズで中の仕切り板が使えるのか)を検証してみましたが、
DSC_7853.jpg

仕切りを付けた状態でアポロが入ることは可能ですが、かなりちっちゃくなって寝てました。

短時間ならいいけど、長時間はかわいそうな感じ。

でも、この仕切り板、両面ファスナーなので、↑の写真のように上部だけ少し空けて使うことも出来ます。

仲良し兄弟わんこなら、半分くらいまで仕切りを使ってってことも可能なのではないかなと。。


アポちゃんが中に入ってみると、
DSC_7856.jpg

1匹なら余裕。

いぬおくんを入れても余裕。

ブルちゃんを入れても余裕でした。

DSC_7858.jpg


アポちゃんが4KGのコとして、2KG~2.5kGのコ2匹なら仕切り板を使って問題なく使えると思います。

3KGのコ2匹で仕切り板を使うと、ま、いけるかなって感じですが、ちょぃきつめ。

4KGと2~3KG台のコなら、仕切り板の使い方によってはいけるんじゃないかなと。







我が家では早速アポちゃんもバックに慣れる為に特訓。


「クレートは?」というと喜んで入っていきます。
DSC_7824.jpg


前のキャリーバックは上部から入るタイプだったので、
最初は同じように上部に飛び乗ってしまって笑っちゃいましたが。。

DSC_7827_20110106090951.jpg

オヤツで教え込むと覚えが早いのはほんとありがたいです。
DSC_7829.jpg


おかーしゃん、もういっかい!
DSC_7830.jpg

クンクン。クンクン。
DSC_7833.jpg

オヤツないよ~。
DSC_7836.jpg



しばらく慣れる為にスネタロウハウスの横に置いて、スネタロウ別荘として使うことにします。


さて、本家か別荘か、どっちを選んで寝てくれるのか、ちょっと楽しみです。







ブログランキングに登録しています。
ポチっと応援してやってください♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



ついったーではマメにつぶやいてるよ~。
follow-me-60.jpg

 | HOME |  »

Welcome♪

Profile♪

mimmi

Author:mimmi
イタリア、ミラノの大学生。

Apollo(アポロ)
イタリア、緑に囲まれた街Varziで、ファントムカラーのパパ&ママから生まれたトイプードル、アポロ・蘭丸です♪
2008年4月24日生まれ、男の子。
本当はちょっとヘタレなんだけど、かっこいい伊達オトコになるべく日々頑張ってます♪

日伊問わずお友達募集中♪♪
相互リンクも受付中です♪♪

mimmi&アポロへメール♪

Apollo's eta♪

Category♪

Recent Diary♪

Comments♪

お気に入りブログの更新状況♪

Link♪

Archieve♪

Calendar♪

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

Translation♪ -自動翻訳- excite版

アポロの動画 youtube♪

アポロ君の動画をUPしています。
images.jpg

アポちゃんのお勧め♪

アポしゃんのつぶやき

 

アポロの成長写真♪

Apollo's papa&mamma♪

Apollo's Papa "Spank"
体高20cmの極小プードル♪でも性格は温厚でカワイイ☆


Apollo's mamma "Sophia"
パパより少し大きめのタイニーサイズ。
性格は明るくて活発。アポロ君を頑張って育ててくれたママ。


Search♪

アポロの写真は...♪

★ Nikon D70

★Nikon Coolpix P90

Net Shop♪

for pets only
made in Italyの高級ラインペットグッズ
EMILU'
ここには可愛い洋服やアクセなんかが売ってます。
BAU PER MIAO
ちょっとセレブな感じ!?
SUPER PETSHOP
フード関係が充実
PACO PETSHOP
フード類が充実
PERBAFFO
全般的に充実
PER IL CANE
全般的に充実
ZOOPLUS ITALIA
全般的に充実
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。